チタンの性能・機能を凌駕するリキッド・アロイ

チタン・機能・
チタン・機能・

高い強度と硬度

  • 結晶粒界がないため、通常の金属よりも高い強度と硬度を持ちます

優れた耐食性

  • 無秩序な原子構造により、腐食や酸化に対する耐性が高いです。

高い弾性

  • 弾性率が高く、変形しにくいです。

低い熱膨張係数

  • 温度変化による体積変化が小さく、精密機器に適しています。
チタン・リキッドアロイ・2つ折り・折り曲げ・テスト

リキッド・アロイの大きな特徴は薄くて、耐久性のあるヒンジを作ることができます。あるスマフォブランドで20万回の折り曲げテストに耐えまして、採用となり、市場で展開中です。近い将来には大型画面の需要が大きく成長されるものと予想されます。

リキッド・アロイは高密度はボディを超軽量で制作が可能です。厚みは0.5ミリ程度まで制作が可能です。スマフォやウオッチ、などのボディに最適です。

複雑な形状のイヤフォンもリキッドアロイなら難なく作ります。金属分子を密にしたことで可能となりました。そして、減衰能力が優れてるので、音質に敏感なマニアにも納得がいくかと思います

スマートウオッチもプラスティックような複雑な形状も制作可能です。メタル製ですので、耐久性も優れ、表面の仕上げもミラー仕上げ、ヘアーライン、PVDカラーリングとマーケティング戦力にも一役もかいます。

メガネのテンプルやアイパッドも必要なスタイルで作ることができます。しかも弾性にも優れおり、そして、チタンベースですので、ヒフにも安全です。

ゴルフパターにも最適なリキッドアロイです。減衰能力が優れてるので、レスポンスも非常に敏感です。

リキッドアロイをステンレスと比較しますと、屈服強度は750%、硬度は388%そして、比強度は890%と断然、すぐれた性能を誇ります。チタンのそれと比較しても、凌駕してます。

リキッドアロイは無秩序な原子構造を持ちます。

数種類の金属を粉砕、混合、融解し、鋳造することで結晶化させずに固体化します。

これにより結晶粒界がなくなり、複数の異なる原子が密に詰まった構造となります。このようにして、結晶を持たないリキッドアロイが作られます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次